タウンページ統計情報・ピンポイント統計情報の利用シーン

タウンページデータベースを地域別、業種別に集計した件数データをご提供する
タウンページ統計情報・ピンポイント統計情報の利用シーンを紹介します。

銀行、信用金庫などの新規顧客開拓に

一般的に、企業がマーケティングを行うにあたっては、STP戦略が不可欠です。金融機関も同様に、市場をどのようにセグメントし経営資源を投下すべきかは最重要課題といえます。タウンページデータベースを時系列データベースとして捉えることにより、一般的な統計データのみの利用では困難だった最新の地域動向を加味したエリア分析が可能になります。また、地域に立地する事業所を、目的に応じたターゲットとして絞り込んでいく際にも、ご活用いただけます。

*市場の細分化(セグメンテーション)、ターゲットセグメントの決定(ターゲティング)、ターゲットセグメントに対してベネフィットを宣言する(ポジショニング)の三段階から成り立つマーケティング戦略。

銀行、信用金庫などの新規顧客開拓に

大学等の調査・研究で使用

都市がどのように成長・発展して行ったか、過去32年、約18億レコードの蓄積データから、比較したいエリア、業種、時期を選定。緯度経度情報を付与する事により、ピンポイントでエリア毎の変化が、一目でわかります。出店計画や建築計画にご活用いただけます。

タウンページデータベースに関するご相談から無料お見積りまで、
お客様のご都合に合わせてお選びください。