ユーザ登録済のお客様

日本一の“肉食系”都道府県は?
~食肉店の都道府県別分布~

タウンページデータベースに登録されている2011年の全国の食肉店の件数は13,128件。5年前の2006年は16,417件で、3,289件、約20%の減少です。スーパーなどでの購入が増え、街のお肉屋さんが減少しているということでしょうか。

ユーザ登録がお済みの方は、ログインしていただくと詳細なランキングデータを確認いただけます。

食肉店の都道府県分布、生鮮肉1世帯あたりの購入量

2011年の登録件数トップ3は東京都、福岡県、神奈川県ですが、人口10万人当たりで見ると、大分県(18.88店)、熊本県(18.44店)、鹿児島県(16.88店)と九州勢が占めました。(図1)

図1 都道府県別人口約10万人に対する食肉店の件数分布

都道府県別人口約10万人に対する食肉店の登録件数及び年別推移

凡例

1位
○○県
登録件数
10万人あたり
対前年順位
1位
2006年
2008年
2010年
2011年
1位
熊本県
熊本県
大分県
大分県
407
22.10
372
20.35
231
19.33
226
18.88
都道府県別の人口については総務省「人口推計(2010年10月1日現在)」より引用

では、肉類の消費量(≒購入量)はどうでしょう。
総務省の「家計調査」によると、全国都道府県庁所在地および政令指定都市の1世帯(二人以上の世帯)が購入した生鮮肉(図2)は、2009年~2011年の平均で43,070グラム、60,576円でした。数量では大分市、宮崎市、広島市、佐賀市、京都市、金額では京都市、奈良市、和歌山市、神戸市、堺市と、ここでも九州勢を含む西日本の各都市が上位を占めました。

図2 生鮮肉の購入量

肉の種類別では「西日本は牛肉、東日本は豚肉」(図3)との傾向が見てとれます。

図3 西日本は牛肉、東日本は豚肉

2位以下のランキングや件数を詳しく見るにはログイン・ユーザ登録(無料)が必要です

【調査概要】
都道府県別 人口約10万人※に対する食肉店の登録件数分布及び年別の推移を掲載します。

対象期間と抽出方法:2006年・2008年・2010年・2011年の各4月時点で、タウンページデータベースの業種分類「食肉店」に登録されている件数を集計し算出。なお、業種分類「食肉店」中に、同一住所で同一掲載名の電話番号の登録が複数ある場合は、データ件数を1件として集計しています。
1人あたりの登録件数は、小数点以下数桁になるため10万人換算をしています。
掲載情報は2012年5月時点のものです。