ユーザ登録済のお客様

スパイシーで人気のインド料理店、登録件数No.1は東京都!〜「インド料理店」の都道府県分布と登録件数推移〜

  さまざまなスパイスを多用した料理として知られるインド料理。
  さぞ古くからの歴史があると思いきや、紀元前には、料理に使うスパイスはターメリックや黒コショウぐらいだったそうです。
  今回は、そんな「インド料理店」に関するランキングです。

ユーザ登録がお済みの方は、ログインしていただくと詳細なランキングデータを確認いただけます。

  16世紀にコショウを求めてインドに到着したバスコ・ダ・ガマらポルトガルの航海士が中南米産の唐辛子をインドに伝えたこと、また16〜19世紀にトルコ系イスラム王朝であるムーガル帝国がインドを支配し、彼らの食文化をもたらしたことで、インド料理はスパイスを使ったものへと劇的に変化していったそうです*1。
  ちなみに日本へ最初に上陸したカレーは、インド料理の「カリー」とは別物。19世紀にイギリスで発展したもので、日本でアレンジが加えられたものでした。日本初の本格インド料理店は1949年(昭和24年)に開店*2。その後、80年代後半から「激辛」が流行語となったエスニックブームの波に乗って、インド料理は徐々に国民に知られるようになっていったようです。
   *1 参考サイト・・・e-food、*2 参考サイト・・・ナイルレストラン

  まず、「インド料理店」の件数を見てみましょう。
  2007年の302件から2014年の1,773件へ、約5.87倍と大きな成長を示しています。これは、インドの経済発展を背景に、インドで勃興したITエンジニアやその家族の来日が大きく増えたためと言われています*3。日本人のインド観光も増えており、現地の味を覚えた日本人のニーズが高まったことも一因と言えるそう。また、ネパールやパキスタンからもシェフの来日が相次いでおり、日本でインド料理店を開店する例が少なくないそうです<図1>。
   *3 参考サイト・・・日本経済新聞

<図1>「インド料理店」の登録件数推移(2007年〜2014年)

  インド料理店の劇的な増加の背景にあるインドやネパール、パキスタンからの入国者。
  ここでは、インド人に限って見てみましょう。2012年までのデータですが、インド人の入国者数が、戦後大きく伸びていることが分かります。インド人が日本に興味を持ち、入国者が増えることで、本場のメニューを供する本格的なインド料理店が増えていると言えそうです<図2>。

<図2>日本へのインド人入国者数の推移(1950〜2012年)

  それでは、都道府県別人口10万人当たりの「インド料理店」の登録件数はどうでしょうか。
  1位は東京都で3.01件、8年間不動。2位は愛知県1.86件、3位は大阪府1.80件でした。ちなみに、日本に在留するインド人の数を調べてみると、2012年調査で22,230人。それを都道府県別に見てみると、1位は東京都8,558人、2位は神奈川県3,544人、3位は兵庫県1,480人となっていました(2012年 総務省統計局調べ)。

  インド人をはじめ在日外国人が多く、世界各国の多様な食文化が発達しやすい大都市ならではの順位と言えそうです。一方、登録件数が少ないのは、徳島県(0件、47位)、新潟県(0.34件、46位)、鹿児島県(0.36件、45位)でした<図3>。

<図3>人口10万人当たりの「インド料理店」登録件数による偏差値の都道府県ランキング(2014年)

凡例

順位
○○県
登録件数
10万人当たり
対前年順位
順位
2009年
2011年
2013年
2014年
1位
東京都
東京都
東京都
東京都
274
2.13
381
2.90
369
2.79
395
3.01

2位以下のランキングや件数を詳しく見るにはログイン・ユーザ登録(無料)が必要です

【調査概要】
都道府県別 人口約10万人に対するインド料理店の登録件数分布及び年別の推移を掲載します。

対象期間と抽出方法:2009年・2011年・2013年・2014年の各4月時点で、タウンページデータベースの業種分類「インド料理店」に登録されている件数を集計し算出。
1人当たりの登録件数は、小数点以下数桁になるため10万人換算をしています。
掲載情報は2014年5月時点のものです。