ユーザ登録済のお客様

エリアマーケティングによる戦略立案

エリアマーケティングによる戦略立案

タウンページデータベースとGIS(地理情報システム)を組み合わせて、
エリアマーケティングにご活用いただけます。

【例:営業訪問状況を地図上に視覚化し、営業活動を効率化】

当社では、タウンページデータベースの提供とともに、お客様のご要望に応じて緯度経度情報提供サービス(※)をご提供することが可能です。タウンページデータベースに緯度経度情報を付与することにより、簡単に電子地図上にプロットすることができ、特定エリアの競合他社や市場環境分析などGIS(地理情報システム)エリアマーケティングにご利用いただけます。

※別途料金が必要となります。

タウンページデータベースと既存取引先の情報を地図上にプロットすることにより、未取引先企業や、新規顧客開拓が不十分な地域を視覚的に把握することができます。
また営業担当者が効率的なルートを効率よく訪問をおこなうことができるようになり、エリアマーケティングの効率が高まります。

網羅性が高いタウンページデータベースを、営業訪問先(ターゲット)の「母数」として利用する。

自社顧客データとタウンページデータベースをマッチングし、訪問済・未訪問 を視覚化する。

  • タウンページデータベースの件数でターゲット母数を可視化

  • 訪問率(訪問件数÷タウンページデータベース件数 )を可視化

2つの地図を重ね合わせて表示
赤が強いエリアは、母数が多いが、訪問をされてないエリア → 営業重点エリア

点のデータを町丁目や市区町村に集計し、強いエリア、弱いエリアなど、営業を強化しなければならないエリアをビジュアルで表示します

  1. 1.町大字別に自社取引データ・未取引データを集計し、シェアを表示
  2. 2.担当エリア単位に色分けし、取引グラフを表示

シェア率を市区町村にて表現

地方・都道府県で表示