防災・観光計画策定には精緻な分析が必須

課題解決の概要

課題

  • 地域の人の動きを可視化したい
  • 災害時の人の流れを把握したい
  • 効果的な観光誘致施策を実施したい

解決ポイント

スマートフォンの位置情報とタウンページデータベースを掛け合わせて人の流れを分析

防災や観光計画の根拠データにはスマートフォンの位置情報と
タウンページデータベースを掛け合わせた人流データを活用

災害時の避難シミュレーションや、大規模イベント開閉時の周辺交通機関の混雑緩和シミュレーションの基礎データとして、
定量的に人の動きがわかる情報を必要になったことはありませんか。

人流データを活用することで各種シミュレーションを実現

”いつ””どんな人が””ドコ”から””ドコに”動いたかが分かる人流データとタウンページの施設データ(緯度・経度含む)を掛け合わせることで
災害時の避難シミュレーションに加え、人口分布統計を活用し防災計画の立案にご活用いただけます。
混雑緩和シミュレーションにおいては、過去のイベント時の位置情報とタウンページの施設データを活用して
周辺交通機関や施設の混雑状況を分析して、最適なシミュレーションを行うことができます。

スマートフォンの位置情報の活用案

(活用例:新たな観光スポットの発見開拓に)

  • 観光地の定番スポットのスマートフォンの位置情報とタウンページの施設データを掛け合わせ、観光客の回遊経路および属性を分析。
    分析結果から同地域内で類似する施設やお店をタウンページデータベースから抽出し、検討実施の基礎データとして活用。

人流DXソリューション
について詳しく見る

タウンページデータベースに関するご相談から無料お見積りまで、
お客様のご都合に合わせてお選びください。