エリアマーケティングには商圏分析と見極めが重要

課題解決の概要

課題

  • 新規出店において市場調査を実施したい
  • 特定エリアおいてどのジャンルの飲食店が営業しているか把握したい

解決ポイント

  • タウンページデータベースとGIS(地理情報システム)を組み合わせて分析対象を可視化
  • タウンページの施設データとスマートフォンの位置情報を掛け合わせることで、施設と人の流れを可視化

エリアマーケティングにはタウンページデータベースに
GISやスマートフォンの位置情報を組み合わせて活用

経験と勘に頼った新規出店から、特定エリアの人口動態や競合店がどれだけあるか定量的なエリアマーケティングを実施したい、
というお悩みはございませんか。

タウンページデータベースとGISで競合店の把握、
さらにスマートフォンの位置情報を掛け合わせることで顧客分析を実現

タウンページデータベースに緯度経度情報を付与することで電子地図上に施設情報をプロットし、特定エリアの競合店や市場環境分析など
GISエリアマーケティングにご利用いただけます。
また、スマートフォンの位置情報を用いることで競合店の顧客属性や居住地などを把握することが可能となり、
定量的な事実に基づき新規出店の計画を行うことが出来ます。

エリアマーケティングでの活用案

(活用例:観光ルートや新規出店計画の基礎データとして)

  • タウンページデータベースから特定エリアの観光地(地域)と飲食店情報(業種)を抽出し緯度経度情報を付与。
    電子地図上にプロットし可視化。ジャンルごとの飲食店に滞在するスマートフォンの位置情報から顧客の属性を分析し、観光地における回遊ルートや新規出店の検討の基礎データとして活用。

GISソリューション
について詳しく見る

人流DXソリューション
について詳しく見る

タウンページデータベースに関するご相談から無料お見積りまで、
お客様のご都合に合わせてお選びください。