ユーザ登録済のお客様

日本一のうなぎ好き都道府県はどこ?
~「うなぎ料理」の都道府県別登録分布と、うなぎかば焼きの購入金額ランキング~

残暑で少々バテ気味のこの季節、土用の丑の日ならずとも「うな重」や「うな丼」に食指が動きますが、今年は値段もうなぎ登りで、もはや手軽な夏バテ対策とは言えなくなりつつあります。しかし、一度食べたくなると「どーしても」食べたくなるのがうなぎの魔力。そこで、最近のうなぎの消費について調べてみました。
日本で最もうなぎを食べているのはどこでしょうか?

ユーザ登録がお済みの方は、ログインしていただくと詳細なランキングデータを確認いただけます。

総務省によると、都道府県庁所在地および政令指定都市1世帯が年間に購入する「うなぎのかば焼き」の金額は第1位が浜松市の6,927円で、最も少ない那覇市(1,538円)の4.5倍でした。以下、京都市(5,032円)、大津市(4,293円)、大阪市(4,291円)、名古屋市(4,278円)と続き、上位10位までに東海、近畿の7市が入りました(図1)。

図1 都道府県庁所在地および政令指定都市1世帯(二人以上世帯)の「うなぎのかば焼き」年間購入金額(2009年~2011年平均)

図2 東京都区部の「うなぎのかば焼き」小売価格推移

最近10年の「うなぎ料理」の登録件数を見ると2002年以降は減少傾向にあり、2009年には2,993件と3,000件を割り込みました(図3)。

図3 都道府県別「うなぎ料理」の登録件数推移(2002年~2011年)

■都道府県別「うなぎ料理」の登録件数推移(2002年~2011年)

一方、都道府県別登録件数を人口10万人あたりで見ると、静岡県(6.06件)、山梨県(5.33件)、東京都(5.20件)、群馬県(4.73件)、三重県(4.53件)が上位にランクインしています。
タウンページデータベースに登録されている全国約800万件(2012年3月末現在*)の情報から、今回は業種分類「うなぎ料理」に注目し、2011年における人口10万人あたりの都道府県別登録件数とランキングの分布図を作成しています(図4)。

図4 人口10万人当たりの「うなぎ料理」の都道府県別登録件数(2011年)

凡例

1位
○○県
登録件数
10万人あたり
対前年順位
1位
2006年
2008年
2010年
2011年
1位
東京都
東京都
静岡県
静岡県
868
6.90
792
6.21
226
5.96
228
6.06

2位以下のランキングや件数を詳しく見るにはログイン・ユーザ登録(無料)が必要です

【調査概要】
都道府県別 人口約10万人※に対するうなぎ料理店の登録件数分布及び年別の推移を掲載します。

対象期間と抽出方法:2006年・2008年・2010年・2011年の各4月時点で、タウンページデータベースの業種分類「うなぎ料理」に登録されている件数を集計し算出。なお、業種分類「うなぎ料理」中に、同一住所で同一掲載名の電話番号の登録が複数ある場合は、データ件数を1件として集計しています。
1人あたりの登録件数は、小数点以下数桁になるため10万人換算をしています。
掲載情報は2012年10月時点のものです。