ユーザ登録済のお客様

家事代行サービス登録件数No.1は、滋賀県!
〜「家事代行サービス」の都道府県分布と登録件数推移〜

  家の掃除や食事の支度・後片付け、洗濯にアイロン掛け、ゴミ出しなどなど―。
  日常生活を送っていると、さまざまな家事をこなさなくてはなりません。毎日のこととなると、手を抜きたくなるときもありますよね。核家族化と高齢化が進み高齢者世帯、共働き世帯、単身者世帯が増えた結果、家事の担い手は分散すると同時に多様化が求められるようになりました。近年、その担い手のひとつとなりつつあるのが「家事代行サービス」です。
  今回は「家事代行サービス」にまつわるランキングです。

ユーザ登録がお済みの方は、ログインしていただくと詳細なランキングデータを確認いただけます。

  「家事代行サービス」は日常的な家事全般を個々の生活スタイルに合わせて代行するサービスで、特殊な道具や洗剤などを使用する「ハウスクリーニング」や、個人と直接雇用契約を結ぶ「ハウスキーパー」とは異なります。

  日本で最初の家事代行サービスは1983年創業のミニメイド・サービス。
  利用者は富裕層が中心でしたが、近年は高齢者世帯や単身世帯の増加とともに利用者の裾野は着実に拡大しています。「家事代行サービス」は新たなサービス市場として期待されており、市場規模も拡大傾向にあります。民間の調査会社によると2011年度の市場規模は約811億円で、2012年度は約980億円(前年度比20.8%増)と見込まれています(矢野経済研究所「住まいと生活支援サービスに関する調査結果2013」)。

  ちなみに、家事労働にかかっている費用はどれくらいでしょうか。
  家計調査(総務省)によると、「家事代行料」の2013年の年間支出額は全国平均で1,192円でした。地方別に見ると東北(1,821円)、近畿(1,516円)、九州(1,453円)の順に多く、都道府県庁所在地別(政令指定都市含む)では京都市(4,437円)、仙台市(4,435円)、和歌山市(3,525円)、広島市(3,273円)などとなっています。
  タウンページに登録されている「家事代行サービス」の件数を見てみると、業種分類ができた2006年に205件だった登録件数は、2014年には629件と、実に3倍以上に増えています。今後も登録件数の増加が見込まれます<図1>。

<図1>「家事代行サービス」の登録件数推移(2005年〜2014年)

  次に、家事にかかる平均時間はどのくらいでしょうか。
  総務省の「平成23年社会生活基本調査」によると、15歳以上の女性が家事に費やす平均時間は平日で162分、日曜日でも156分です。この家事労働を軽減するには、ひとつには男性の協力も欠かせませんが、同調査で男性の家事時間を見ると、日曜日に15歳以上の男性が家事に費やす時間は全国平均で24分でした。最も長かった長野県でも35分で女性の1/4以下。次いで岐阜県の33分、鹿児島県の31分、秋田県・山口県・香川県・熊本県の29分です。
  逆に短かったのは大阪府の19分、石川県・奈良県の20分、北海道、青森県、栃木県、新潟県の21分でした<図2>。

<図2>15歳以上の男性が日曜日に行う家事の総平均時間 都道府県別(2011年)

  それでは、都道府県別人口10万人当たりの「家事代行サービス」の登録件数を見てみましょう。
  2014年度の人口10万人あたりの登録件数では滋賀県がトップで0.99件、次いで長野県(0.94件)、兵庫県(0.90件)、福井県(0.88件)、奈良県(0.86件)が上位に名を連ねました<図3>。

  「家事代行サービス」の事業者は増加傾向にあり、スポット利用を中心に新たなサービス市場としての期待感から新規参入も相次いでおり、イオングループや家電量販店のビックカメラ、さらには不動産会社などが目立っています。
  また、経済産業省では「女性活躍の推進には、長時間労働の削減や柔軟な働き方を推進するとともに、家庭負担の軽減が必要」だとして、「家事代行サービス」の利用促進を図るために「品質と価格面で、幅広い層にとって利用しやすいサービスを供給する体制」を構築していく考えです。

<図3>人口10万人当たりの「家事代行サービス」登録件数による偏差値の都道府県ランキング(2014年)

凡例

順位
○○県
登録件数
10万人当たり
対前年順位
順位
2009年
2011年
2013年
2014年
1位
山形県
奈良県
福井県
滋賀県
9
0.76
12
0.86
9
1.00
14
0.99

2位以下のランキングや件数を詳しく見るにはログイン・ユーザ登録(無料)が必要です

【調査概要】
都道府県別 人口約10万人に対する家事代行サービスの登録件数分布及び年別の推移を掲載します。

対象期間と抽出方法:2009年・2011年・2013年・2014年の各4月時点で、タウンページデータベースの業種分類「家事代行サービス」に登録されている件数を集計し算出。
1人当たりの登録件数は、小数点以下数桁になるため10万人換算をしています。
掲載情報は2014年8月時点のものです。